フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

お勧めリンク集(ここからどうぞ!)

  • 自主開発『不動産投資羅針盤』でズバリ試算!!(大家学課外授業)
    数ある不動産投資物件から、多角的かつ定量的な分析結果を出力してくれる『らしんばん』の開発者。ブログも実践的でためになる内容ばかりです(オススメ!)
  • 不動産コンサルティングのCFネッツセミナーWOMANブログ
    いつも御世話になっているCFネッツさんの女性チームのブログです。女性が輝く会社は強くなります!(最近頻繁にUPされています。面白いですよー!!!)
  • vitto の街日記
    区分所有を中心に不動産投資をされている方です。不動産投資に必要な知識・ノウハウをコンスタントに公開されています。このブログをコツコツ読むだけでも不動産投資の力が尽きますよ。で、結構この方、グルメです。(オススメ)
  • 賃貸管理クレーム日記
    賃貸管理の実務系ブログといえば、この人「クマさん」です。ものすごぉーく大変なお仕事が、このブログを読むと、とても楽しそうに勘違いさせてくれます。実務と関係ない話でもその楽しいお人柄が垣間見えます。不動産実務系のプロの方、そして大家さんでプロの方がどういう実務をこなされているかという苦労を知るなら間違いなくこのサイトです!
  • 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
    FX投資家さんからの相互リンクです! (異文化コミュニケーション!) kanaloaもFX黎明期に興味をもって(結局相場には入ってませんが)いたので、このサイトで勉強しようと思います。 初心者もわかりやすいサイト構成になっていますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。
  • 夫婦の妄想プチリタイア生活
    不動産投資のプリンセス!! 3点ユニットバスリフォーム研究会を主催しいてる方です。 ブログのデザインも、内容も、非常に勉強になります。お人柄のよさもそのデザインや内容からうかがえますよ。 主婦で不動産投資をしたいけど、、、とお考えの方、まず、このブログをじっくり読んで、そして旦那さんに思いを伝えてください。 きっとうまくいくはずです♪
  • 不動産投資 カフェネットby 恵比寿のIさん
    僕の好きな投資家さんのひとりです。 地方物件というジャンルでの勝ち組です。 これはホントすごいことだと思います。 こんな人が都心に攻めてきたら。。。(コワー) エリアこそ違いますが、Iさんのブログや本からは学ぶべきところがたくさんあります。(要は考え方が汎用的なんです) 先駆者に学ぶ。だとしたらIさんもその代表格です。 オススメでーす。
  • はじめてのお部屋を選ぶ時のポイントブログ
    不動産投資に関する話が端的に・体系的にまとまっている不動産小太郎さんのサイトです。 是非訪問してみてください。

ゼヒ読んでみて!!

« 2006年:不動産投資に着手するきっかけとなった出来事。 | トップページ | 物件探し、しかし、意外と見つからない。。 »

2010年11月11日 (木)

2006年:kanaloa、具体的な一歩を踏み出す

くしゃみをすると肋骨に響きます。。。でも、今日はだいぶ調子がいいみたいです。

 

br_decobanner_20100211233439--ケガ・病気をすると健康のありがたみが身にしみますね。応援クリック、お願いします。

 

さて、前回のブログで、私の目標(あこがれ)の人からの一言(不動産投資は最も安全な投資手段の一つよ)に背中を押され、帰国した僕は早速不動産投資の本・セミナーを読みまくり、参加しまくります。

 

だんだん知識レベルが上がっていき、でも、それ以上にはならない(要は頭でっかちになってきた)ことを認識した僕は、意を決して、奥様に不動産投資を開始したい旨(先日の内容を参照)を打ち明け、そしてOKをもらいます。

 

いくつか参加したセミナーのうち、聞いていて、一番信頼が置けそうな某不動産運用管理会社さん(あえて名は伏せますが)に相談に行くことにしました。

 

某社の私が尊敬するコンサルタントさんと半日ほど(たまたま、その日は僕らだけしか予定が入っていなかったらしく、今考えると非常にラッキーだったのですが)個別相談(というか指導をうけた、という表現が正しいですかね)を受け、その場で、「不動産投資したい」意を告げました。

 

で、たまたま、当時僕らの担当になってくれた、若手の担当さんと知り合うことになります。(この出会いも非常に大きかったです。)

 

この日から、投資物件を彼に探してもらいつつ、自分でもいろんなサイトに登録して、「いい物件ないかなー」という日々を送ることになります。

 

合わせて、物件の見極めに必要な投資指標の読み方、市場調査のやり方、税金の云々、そして何より自分のライフプランを組み立てるための基礎知識を得るために資格取得を開始します。

 

FP3級から手始めに開始しました。

 

世は、サラリーマン不動産投資家華やかざりし時、また、「ウン年でウン億つくる」という某書籍が一世を風靡していた頃。(僕にはこの書籍の概念・理念がどうにも腑に落ちませんでした。)

 

kanaloaの不動産投資家の第一歩が始まります。

そして、そう簡単にはいい物件に出会えない、そして徐々に金融機関の財布の紐がきつくなっていく、、、時間との戦い、そういったジレンマを抱えることになっていきます。

 

次回は、その辺の苦労(というほどでもないですが)を徒然に。

 

br_decobanner_20100211233439 <--続きに興味があれば、ワンクリック、お願いしますねー。

« 2006年:不動産投資に着手するきっかけとなった出来事。 | トップページ | 物件探し、しかし、意外と見つからない。。 »

コメント

こんにちは。

>僕にはこの書籍の概念・理念がどうにも腑に落ちませんでした。

うーん、、、「ウン年でウン億つくる」という某書籍ですが、CPM流の投資分析を学ばれて、さらに実際に物件を取得された後に再度じっくりと読み直されてみましたか?

CF社員がよく悪口言うので誤解されているようですが、タイトル(これは出版社が決める)や実際に紹介した物件でデフォルトが続出しているという噂は置いといて、書かれている内容な極めて正確で誠実だと思います。

「LTVは80%以下、DSCRは格付け機関の投資適格レベルが通常1.6程度、銀行は1.2以下だと融資しない」と書いてありますし、「デフォルト起こさないようにLTVとDSCRを中心に投資判断をしろ」とも書いてあります。

また、「不動産投資のコツは高利回りの物件を探し出して買い続けることではなく、利回りが低い物件の管理コストの削減、稼働率の向上、賃料単価の上昇などのバリューアップを図って(内部成長)、レバレッジによって物件を取得しながらいかに収益力を高めてゆくか(外部成長)にあります。」と非常に短い言葉で本質を説いています。

CFでワンルームから物件を紹介してもらいながら、1棟、2棟、バルクと融資を受けながら投資を進めてゆく上で、私は「ウン年でウン億つくる」書籍は何度も何度も読み直しています。

CFの人がよく引き合いに出して悪口いってますが、色眼鏡を外してよく読むと玄人向けのとても良い本だと思います。逆に知識や経験がないとタイトルに踊らされてしまうのだと思います。

なぜあの本を毛嫌いする人が多いのか不思議でたまりません。

視点によって考え方はいろいろですね。

肋骨折れるって大変じゃないっすか。

サラリーマンはほどほどにして、ご自愛ください。

そうもいかないか。

CFプラチナ会員さん コメントどうもです。

僕の書き方がまずかったですかね。
気を悪くされたのであればごめんなさいね。

ご自分でそれだけしっかりした軸をお持ちであればそれはそれで結構だとおもいます。

ではでは。

かもじゅうさん。どーもー。

いやー、まさか咳ごときで肋骨にヒビがはいるなんて夢にも思いませんでした。

おかげさまで、サラリーマン業は、最近ちょっとだけ時間が取れるようになってきました。

恐らく年末までだと思いますが、年明けたら、ドタバタしそうな感じです。。。

しかし、例の都内物件、やはりお流れになりました。。。
逃した魚はデカイですね。。。

ではでは。

この記事へのコメントは終了しました。

« 2006年:不動産投資に着手するきっかけとなった出来事。 | トップページ | 物件探し、しかし、意外と見つからない。。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30