フォト
無料ブログはココログ

ブログランキング

お勧めリンク集(ここからどうぞ!)

  • 自主開発『不動産投資羅針盤』でズバリ試算!!(大家学課外授業)
    数ある不動産投資物件から、多角的かつ定量的な分析結果を出力してくれる『らしんばん』の開発者。ブログも実践的でためになる内容ばかりです(オススメ!)
  • 不動産コンサルティングのCFネッツセミナーWOMANブログ
    いつも御世話になっているCFネッツさんの女性チームのブログです。女性が輝く会社は強くなります!(最近頻繁にUPされています。面白いですよー!!!)
  • vitto の街日記
    区分所有を中心に不動産投資をされている方です。不動産投資に必要な知識・ノウハウをコンスタントに公開されています。このブログをコツコツ読むだけでも不動産投資の力が尽きますよ。で、結構この方、グルメです。(オススメ)
  • 賃貸管理クレーム日記
    賃貸管理の実務系ブログといえば、この人「クマさん」です。ものすごぉーく大変なお仕事が、このブログを読むと、とても楽しそうに勘違いさせてくれます。実務と関係ない話でもその楽しいお人柄が垣間見えます。不動産実務系のプロの方、そして大家さんでプロの方がどういう実務をこなされているかという苦労を知るなら間違いなくこのサイトです!
  • 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
    FX投資家さんからの相互リンクです! (異文化コミュニケーション!) kanaloaもFX黎明期に興味をもって(結局相場には入ってませんが)いたので、このサイトで勉強しようと思います。 初心者もわかりやすいサイト構成になっていますので、興味がある方は是非参考にしてみてください。
  • 夫婦の妄想プチリタイア生活
    不動産投資のプリンセス!! 3点ユニットバスリフォーム研究会を主催しいてる方です。 ブログのデザインも、内容も、非常に勉強になります。お人柄のよさもそのデザインや内容からうかがえますよ。 主婦で不動産投資をしたいけど、、、とお考えの方、まず、このブログをじっくり読んで、そして旦那さんに思いを伝えてください。 きっとうまくいくはずです♪
  • 不動産投資 カフェネットby 恵比寿のIさん
    僕の好きな投資家さんのひとりです。 地方物件というジャンルでの勝ち組です。 これはホントすごいことだと思います。 こんな人が都心に攻めてきたら。。。(コワー) エリアこそ違いますが、Iさんのブログや本からは学ぶべきところがたくさんあります。(要は考え方が汎用的なんです) 先駆者に学ぶ。だとしたらIさんもその代表格です。 オススメでーす。
  • はじめてのお部屋を選ぶ時のポイントブログ
    不動産投資に関する話が端的に・体系的にまとまっている不動産小太郎さんのサイトです。 是非訪問してみてください。

ゼヒ読んでみて!!

« 以前、水面下情報としてもらった物件価格が下がっていました。 | トップページ | 明日はチョイと業者さんへごあいさつ。 »

2011年1月10日 (月)

今後の不動産投資に参考になる本。

今日は、午前中は、恒例のJr.とのお散歩(序盤は公園で遊んでいましたが、あまりの寒さに二人で近所のショッピングモールへ逃げ込み、そこで二人で遊んでました。)。午後は、Jr.をネンネの国にいざなった後、奥様と二人で(な、仲よく)確定申告の準備をしていました。

人気ブログランキングへ<--ハワイをこよなく愛するわがブログへのご訪問ありがとうございます。ついでにカチっと一押し、応援お願いします♪

 

さて、年末に「今後の世界経済は激しいうねりに襲われる云々」と書いていましたが、その元ネタとなる本をようやく思い出しましたのでご紹介。

 

 

コレコレ。

朝倉さんは、証券会社に勤め3年で独立。顧客向けのレポートの内容がことごとく的中させたとか。船井幸雄さん

(船井さんはここをみてください)

から「経済の超プロ・K氏」として紹介された人です。

 

、、、まぁ、とにかくスゲー人ってことです。

 

本書では、おもに以下について述べています。

 

  • 日本国債の暴落はある日突然(この「突然」という言い方が怖いですが)やってくる。
  • 世界の債券王はインフレの襲来を知っている。
  • ハイパーインフレ時代の資産防衛法

 

ほかにもいろいろ「とにかく2011年の中ごろからヤバさが顕著に表れる」ことの根拠を書かれていますが、その辺は著書を読んでみてください。

 

はっきり言って、読んでいていい気がしません。が、どうやら事実のようですね。

 

世界各国が、自国通貨安を競っており(輸出を強めたいから)好き勝手にお金をすりまくるという状況。先のブログにも書きましたがお金がお金の目的を果たせなくなっており、欧米のヘッジファンド・債券ファンドの博打の手段として利用されている昨今。

 

実体経済(5000兆円)の12倍ともいわれるデリバティブのお金(6京円)が扱われているらしく、この状況を律する手段・仕組みはもはやないのだそうです。

 

(彼はのデリバティブのことを「ネズミ講」と言ってます。)

 

近い将来、かなり高い確率で「ハイパーインフレ」が到来する。。。怖いなぁ。。。

 

で、何も知らないフツーに真面目に生きている人々が物価の劇的高騰で悩む中、一部のファンド連中は債券の売りで荒稼ぎをするんだとか。。。

 

でも、終盤の章でちょっとだけ光明がありました!

ハイパーインフレ時代の資産防衛法で不動産投資が「悪くない投資法である」と評されていたからです。

 

 

ただし、条件があります。それは、「人気物件であること」です。

 

要は、流動性が高いものであること。ってことでしょうか。どういうものか、は、ここでは省略しますね。そして金利についても、固定で長期に設定したほうがいいであろうとのこと。

 

ウン。ウチも長めにしたぞと。これで少しだけ安心。

 

 

どこまで信用するかは、読者の判断にゆだねられるところですが、僕は少なくともこの本よりの考え方でいます。

 

でも、現実にハイパーインフレなんて起きたら、まともに生活できないので、現代の人々は賢明であり、この問題をなんとかソフトランディングさせてくれればいいなぁ。と他力本願なことを考えています。

 

やはり、次の投資は「超・慎重」に行かねばなりませんな。。。

 

広い視野をもっていかんとアカンなぁ。。。そう考えさせられた本でした。是非。ご一読を。

人気ブログランキングへ<--参考になったようでしたら、カチっとワンクリックお願いしまーす。

« 以前、水面下情報としてもらった物件価格が下がっていました。 | トップページ | 明日はチョイと業者さんへごあいさつ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30